遊び相手
アヒル
KOWA TSN-884 + TSN-VA3 + TSN-AR55 + OLYMPUS CLA-12 + XZ-2 + VF-4
924mm f/2.5 1/1600s -1 ISO-100 WB晴天
October 28,2014 PM

仕事が終わって天気がいいので、都市公園で買っておいたパンを食べることに。
大きい池があるので、水鳥でも撮れればとデジスコ持参で。
短い時間でデジスコを持ち出したのは久しぶりでした。
池にはまだ冬の水鳥は数が少なかったです。
ハシビロガモ、マガモは来ていましたが、コガモ、キンクロハジロ、ヒドリガモ、ホシハジロなどはまだ来ていませんでした。
それとユリカモメも。
今日は、カイツブリも姿を消していました。

遊び相手になってくれたのは、マガモと一緒に行動していたアヒルです。
真剣にアヒルを撮影したのは久しぶりです。
何年ぶりでしょう。
ちゃんと撮ったのは過去にも無いかもしれません。
太陽がサンサンと降り注ぐので、シロアヒルの羽はピカピカ光ってシロトビしがち。
色合いが丁度になると、背景は真黒。
やっぱり上手く撮れませんね。

ちょっとアヒルの事を調べてみました。
マガモを飼育しているうちに、変化してしまったのがアヒルだそうです。
家禽ですから、当然食用になるのでしょう。
春から秋にかけて200個近くも卵産むらしい。笑っちゃいました。
飼育しているうちに、飛ぶ必要が無くなってしまったので、翼が短くなって飛べなくなったそうです。
たしかに羽ばたきを撮りましたが、短かったです。
体系も臀部が肥大化しているので、最大飛距離が3~5mだとか。
鶏よりひどいですね。


テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

[2014/10/28 17:47] | アヒル(家禽) | コメント(2) | page top
| ホーム |