ただ撮れた
ハシボソミズナギドリ
KOWA TSN-884 + TSN-VA3 + TSN-AR58 + Panasonic LUMIX GX7 + G VARIO 35-100mm / F2.8 / POWER O.I.S.
1,148mm f/2.8 1/1000s +1 ISO-800 AWB
May 23,2016 AM

この日の朝、出勤前に近くの防波堤に出かけました。
日の出は、4時半ごろ。
それから1時間はたっているのですが、上空は薄っすら靄がかかっていました。
光は、満遍無く降り注いでくれているのの綺麗な色が出ません。
前日、200mほど沖合いに飛び回っていたミズナギドリの判別に不安を残して撤収しました。
もう出会えないと思っていても、足を向かわせずに入られませんでした。
防波堤に着くと、遠くの防波堤の上に数百のカワウが見えました。
凄い数です。
その近くに水面に浮かぶ一回り小ぶりの鳥を見つけました。
まさかとスコープで覗いて見ると、ミズナギドリが数十羽、海に浮かんでいました。
それからというもの居なくなる2時間ほどが、もうコレでもかというほど飛び回ってくれました。
はじめは、ハイイロミズナギドリかと思っていましたが、何枚も撮影して確認するとハシボソミズナギドリが正しいようでした。
こういう鳥は、船に乗って沖合いに行かないと撮影できないと思ってました。
これまでも、500m以上沖合いに飛んでいる姿を見たことはありました。
今回のように間近で見て、撮影できるとは思いませんでした。
近いときは、10mほどの距離を飛び、2、30mほどに着水しました。
これほどのことは、これからそう無いと思います。
ラッキーとしかいえません。
ちなみに3日連続で行きましたが、3日目は遥か沖合いを飛ぶばかりで岸のほうには来ませんでした。
決していい構図でもなければ、色がバッチリデモありません。
本来ならトリミングしてfacebookで紹介する写真です。
ただ撮れたという写真ですが、なんか嬉しくなってしまった1枚でした。
ほかにも数枚、facebookで紹介しましたが、この写真が一番近くで撮影できたので。
またこんな機会ないかなぁ。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

[2016/05/26 18:57] | ハシボソミズナギドリ | コメント(0) | page top
| ホーム |