冬っぽい
ユリカモメ
KOWA TSN-884 + TSN-VA3 + TSN-AR58 + Panasonic LUMIX GX7 + G VARIO 35-100mm / F2.8 / POWER O.I.S.
980mm f/2.8 1/400s ±0 ISO-200 AWB
October 24,2015 AM

ユリカモメが飛んでるだけで、なんとなく冬っぽい風景になりますねぇ。
他に移っているのは、ミヤコドリ、ハマシギ、ダイゼンかな。
今写っているおは、越冬するものばかりです。
もう季節的にも新しいのは、あまり来ないかもしれません。
しいて言えば、カモメの仲間ぐらいでしょうか。
日を追うごとに、冬鳥が増えてきて期待が膨らみます。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

[2015/10/31 18:00] | ユリカモメ | コメント(0) | page top
きらきら
ハマシギ
KOWA TSN-884 + TSN-VA3 + TSN-AR58 + Panasonic LUMIX GX7 + G VARIO 35-100mm / F2.8 / POWER O.I.S.
1,064mm f/2.8 1/1300s ±0 ISO-200 AWB
October 25,2015 AM

三番瀬で撮影していると、突然ハマシギが飛びあがりました。
それも、凄い数。
こんなにいたんだぁと驚いました。
シギチは、個々の鳥もかわいいですが、やはり集団飛行が一番ですね。
きらきらと輝きますし、圧巻です。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

[2015/10/30 18:00] | ハマシギ | コメント(0) | page top
あれ?呼んでるぅ?
キジ
KOWA TSN-884 + TSN-VA3 + TSN-AR58 + Panasonic LUMIX GX7 + G VARIO 35-100mm / F2.8 / POWER O.I.S.
1,176mm f/2.8 1/250s ±0 ISO-200 AWB
October 24,2015 AM

キジのメスを撮影した直後に、ちょっと離れた場所にオスがいました。
別にペアではないのかもしれませんが。
なんかちょっと想像してしまいます。
メスが向いて鳴いている方向と、オスが、顔を擡げている方向が、合致しています。
この2羽がペアだったらいいのですが。

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

[2015/10/29 18:00] | キジ | コメント(0) | page top
どこ行ったのぉ
キジ
KOWA TSN-884 + TSN-VA3 + TSN-AR58 + Panasonic LUMIX GX7 + G VARIO 35-100mm / F2.8 / POWER O.I.S.
1,344mm f/2.8 1/200s -0.3 ISO-200 AWB
October 24,2015 AM

キジのメスが鳴いていました。
ずーっと鳴いていました。
多分、オスを呼んでいたのだと思います。
続きは、また明日。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

[2015/10/28 18:00] | キジ | コメント(0) | page top
飛ぶのね
コブハクチョウ
KOWA TSN-884 + TSN-VA3 + TSN-AR58 + Panasonic LUMIX GX7 + G VARIO 35-100mm / F2.8 / POWER O.I.S.
1,316mm f/2.8 1/640s -0.3 ISO-200 AWB
October 24,2015 AM

デジスコで、ハクチョウを撮影するのは大変です。
約1.5mあるその体長、水に浮かんでいるときでも、おそらくは水面から頭まで1m近くになるでしょう。
大抵のハクチョウは、人に慣れていて、近づいてくることもしばしば。
撮影しようと三脚を立てると、どんどん近づいてきてしまうので、顔しか撮れません。
どうしても撮影する機会が減ってしまいます。
オオハクチョウやコハクチョウを撮影したい気持ちもあるのですが、どうしても足が向きません。
手賀沼や皇居のお濠他、あっちこっちにコブハクチョウを見かけます。
その度に撮影は試みるのですが、上手く撮れません。
今回、初めて?飛んでいる姿を見ました。
いつも水面を漂っているので、飛ぶことを想像していませんでした。
「あぁ、飛ぶのね」っていうのが率直な感想です。
調べてみると、コブハクチョウも縄張りがあるらしく、現在手賀沼では、数が増え、飽和状態らしいです。
新たに増えたコブハクチョウは、他の地域に移転していると考えられているようです。
となると、増える一方という事なのでしょう。
あれだけ大きいと、天敵は少ないでしょうから。
さて、そろそろコハクチョウ、オオハクチョウが渡って来たという便りも耳にします。
青空を飛び回るその姿を写真に残してみたいと思う今日この頃です。


テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

[2015/10/27 18:00] | コブハクチョウ(外来種) | コメント(0) | page top
河童像
セグロカモメ
KOWA TSN-884 + TSN-VA3 + TSN-AR58 + Panasonic LUMIX GX7 + G VARIO 35-100mm / F2.8 / POWER O.I.S.
980mm f/2.8 1/80s ±0 ISO-200 AWB
October 24,2015 AM

沼の中央に、河童をモチーフにした銅像の噴水があります。
そこには、様々な鳥たちが、止まっているところを見かけます。
この日も、セグロカモメが止まっていました。
私が期待していたのは、たくさんのユリカモメが止まっている事でしたが。
なんにしても、銅像に止まっているのを撮影できたので、良しとします。


テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

[2015/10/26 16:43] | セグロカモメ | コメント(0) | page top
観音アヒル
バリケン
KOWA TSN-884 + TSN-VA3 + TSN-AR58 + Panasonic LUMIX GX7 + G VARIO 35-100mm / F2.8 / POWER O.I.S.
980mm f/2.8 1/80s ±0 ISO-500 AWB
October 24,2015 AM

久々にバリケンと出会いました。
以前は、あっちこっちで見かけましたが、最近は駆除されたのか見れなくなってきました。
家禽とはいえ飛行性能があるので、よりよい住みかを目指し移動したのかもしれませんが。
そもそもは、食肉用に持ち込まれたのが始まりの様ですが、あまり流行らなかったらしいです。
そもそもバリケンっておいしいのでしょうか?
フランス鴨とかで、流通しているようなのですが、見かけませんねぇ。
沖縄に行く機会があったら、観音アヒルって名前で流通しているらしいので探してみますかねぇ。

ネットで調べてみると、「秘密のケンミンSHOW」で、沖縄県民は、アヒル汁が好きと言っていたのが、それだったようです。
その回は、ちょうど見てなかったんだなぁ。記憶にないから。




テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

[2015/10/25 19:48] | バリケン(家禽) | コメント(0) | page top
今季初
アオジ
KOWA TSN-884 + TSN-VA3 + TSN-AR58 + Panasonic LUMIX GX7 + G VARIO 35-100mm / F2.8 / POWER O.I.S.
2,016mm f/2.8 1/400s +0.7 ISO-200 AWB
October 24,2015 AM

今季初のアオジが撮れました。
朝からそれらしい鳴き声を耳にしていましたが、姿を見るまでかなぁと思っていました。
まさか、木の枝に姿を現すとは、しかも3羽も。
ホオジロ♀がやって来て蹴散すわずかな時間でしたが、撮影できてよかったです。
やっぱり久しぶりに見るといいもんですねぇ。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

[2015/10/24 15:29] | アオジ | コメント(2) | page top
鳥の視線
キビタキ
KOWA TSN-884 + TSN-VA3 + TSN-AR58 + Panasonic LUMIX GX7 + G VARIO 35-100mm / F2.8 / POWER O.I.S.
1,792mm f/2.8 1/125s +1 ISO-500 AWB
October 12,2015 AM

今回も在庫写真からです。
この子は、何を見つけたのでしょうか?
この後、視線の先に向かって飛んで行きました。
何度も触れていることなのですが、鳥の視線の先に何があるのかというよりも、どこを見ているのかがわかりません。
上空なのか、それとも他の場所なのか。
視線がわかると、もっと撮影が楽になるのだろうけど...


テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

[2015/10/23 19:03] | キビタキ | コメント(0) | page top
若鳥
エゾビタキ
KOWA TSN-884 + TSN-VA3 + TSN-AR58 + Panasonic LUMIX GX7 + G VARIO 35-100mm / F2.8 / POWER O.I.S.
2,800mm f/2.8 1/60s +2 ISO-800 AWB
October 12,2015 AM

在庫写真からです。
過去の古巣で私が撮った写真で、エゾビタキで幼羽の残った個体は、昨年が初でした。
今年は何個体かやって来ていました。
「この子は若鳥っぽいね」という事はあっても、はっきりとした若鳥というのは確認できていなかったと思います。
渡る時期が早まっているのでしょうか?
それとも繁殖時期が遅くなっているのでしょうか?
その点は良くわかりません。
♂♀同色のエゾビタキ。こういったバリエーションを楽しめるのはうれしいことです。
また繁殖地に近い場所に行かないと見れなかった幼羽を見れるのもうれしいことです。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

[2015/10/22 17:37] | エゾビタキ | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>