スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
夏の名残
ノビタキ
KOWA TSN-884 + TSN-VA2B + TSN-AR55 + OLYMPUS CLA-13 + STYLUS1
3,374mm f/2.8 1/80s +0.3 ISO-125 AWB
October 3,2014 PM

やっと、STYLUS1の修理が終わりかえってきました。
ボタンの不具合は、基盤交換で修理した様です。
知り合いの方も、同様の症状で修理したので、STYLUS1にはそういった故障の原因があるのかもしれません。
まぁ、とりあえず保証期間内に修理できて良かったです。

カメラも戻って来たので、早速仕事帰りに田んぼに行ってきました。
目的の鳥は、ノビタキとモズだったのですが、モズは声と飛んでる姿を確認するだけでした。
ノビタキは5羽ほどいました。
中に1羽だけ、夏羽が残っているのがいました。
「キミぃ、それって日焼け痕?」って感じぐらいですが、他の個体と違って顔は黒々としてました。
翌日は稲刈りの予定が入っていた様なので、偶然にもラストチャンスだったのかなぁ。
まぁ、河原に退避して後に戻ってくるかもしれませんがね。
風が強くて、草に止まったのは、あまりよくなかったのですが、はぜ掛けに止まってくれたのは良く撮れてました。
鳥が遠かったので、久々に3,000mm超の撮影が多かったです。


最近では、稲刈りと同時に米と藁を分けてし、乾燥機で米を乾燥させるところが増えてきました。
”はぜ掛け”のある田園風景もそのうち消えてしまうのでしょうかねェ。

ちなみに”はぜ掛け”は、土地土地でいい方が違うみたいですね。
稲木や稲掛け、はざ掛け、同じ漢字を使用しても読み方が違ったりとバラエティーに飛んでいるようです。
私は、たまたま”はぜ掛け”というのを知ったので使用していますが。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

[2014/10/08 06:00] | ノビタキ | コメント(0) | page top
<<秋色 | ホーム | 後方警戒>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。