スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
粘りも必要
セッカ
KOWA TSN-884 + TSN-VA3 + TSN-AR58 + Panasonic LUMIX GX7 + G VARIO 35-100mm / F2.8 / POWER O.I.S.
2,016mm f/2.8 1/200s +0.7 ISO-200 AWB
November 28,2015 AM

昨年の夏以来、セッカを撮影するチャンスがありませんでした。
鳴き声や飛んでいる姿を何度か確認をしていましたが。
今回も、鳴き声を耳にしているので、いる事はいるのですが、藪の中です。
しばらく粘ったのですが、一向に姿を見せてくれないのであきらめて移動しました。
帰り際、鳴き声を耳にしたあたりで、防波堤に身をゆだねて待つ事にしました。
しばらく経つと、パッと飛んで移動する姿を目にしました。
その後も、何度か繰り返した後にやっと、草の先のほうに姿を見せました。
最初から数羽いるのは分かっていたのですが、粘っている間に見かけた数は、5~8羽。
決して広くない荒地に、これほどまでのセッカが集まっているとは。
冬に群れるというのを聞いたことがありません。
たまたまなのか、今年孵った子供とを含めた2家族ほどがいたのか?
それは定かではありませんが、これほどの数が集まっているのを見たことがありませんでした。
撮影チャンスを待ちながら、粘っていると、工事用ロープに止まったり、高い位置まで上がってきたりと。
何度か撮影させてもらえました。
超至近距離でも撮影できました。
やっぱり粘りも必要ですね。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

[2015/12/11 18:00] | セッカ | コメント(0) | page top
<<高笑い | ホーム | 警戒心>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。