スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
第1回冬羽
ルリビタキ
KOWA TSN-884 + TSN-VA3 + TSN-AR58 + Panasonic LUMIX GX7 + G VARIO 35-100mm / F2.8 / POWER O.I.S.
2,380mm f/2.8 1/10s +0.7 ISO-800 AWB
November 29,2015 AM

「誰かテープでも流しているんじゃ」と思うほど、ルリビタキの鮮明な囀りが耳に入ってきた。
この時期に、囀りだなんて。偶にちょこっと鳴くならともかく、鳴き通しって言うのがおかしい。
でもあたりには、まったく人影も無い田圃脇の雑木林です。
鳴き声のする場所でしばらく待っていると、どうやらルリビタキ自身が鳴いているようでした。
場所を変えながら鳴いているので、テープではないようでした。
きれいな声からして、さぞ真っ青で綺麗な固体なんだろうと期待をしました。
しかし現れたのは、メス?
私はメスは囀らないと思っているので、オスだろうと思います。
別カットの写真を見ると、幾つかオスの特徴を示しそうな点も見受けられるので、おそらく間違い無いかと。
残念ながら尾羽とその先の背中の部分に鮮明に写ったものが無いので判別は難しいですが。
おそらくは今年孵った固体で、第1回冬羽だと考えられます。
しかし驚くほど、綺麗な囀りでした。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

[2015/12/17 18:00] | ルリビタキ | コメント(0) | page top
<<悠々 | ホーム | ハイブリッド>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。