スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
STYLUS1 テスト2回目 その1
12/30に1回目のテストを行って、STYLUS1とVA3の相性が悪く、ケラレと減光の範囲が多すぎて撮影できませんでした。
先輩方のアドバイスを戴き、12/1に2回目のテストを行いました。

今回の改良点は、VA3をVA2に変更。その1点です。
この組み合わせがうまくいかなければ、STYLUS1をデジスコ用カメラとして使用することは出来なくなる。
そうです、これが秘密兵器であり最終兵器でした。

STYLUS1 + VA2
※照準器が右側についているのは、私が効き目が左目なので。

以前、VA3が発売になった当初、FZ-50(パナ製)との相性が悪かったことがヒントになりました。
先輩のアドバイスと、機材をお借りすることでテストが続行できました。
感謝いたします。

さて結果ですが、多少問題はありますが、撮影をすることができました。
撮影可能な範囲は、112~300mm(35mm換算値)です。
デジスコでの焦点距離は、VA2が1314倍の倍率になるので、1,456~3,9001,568~4,200mmとなります。
デジタルズームを使用すると、その倍の最大7,8008,400mmまでの撮影が可能です。
欲を言えば、1,000mmぐらいから撮影出来ると期待していたのですが。
1,600mm以上での撮影も可能になったのですから、とりあえずは十分でしょう。

今回のテストに使用したデジスコ

フィールドスコープ   TSN-884 (KOWA)
接眼レンズ       TSN-VA2 (KOWA)
接眼レンズアダプター  TSN-VA2-CR (KOWA)
アダプターリング    TSN-AR55 (KOWA)
コンバーターアダプター CLA-13 (OLYMPUS)
カメラ本体       STYLUS1 (OLYMPUS1)

では実際に撮影した画像は以下のようになります。
画像はトリミング無しで、リサイズしています。

ツグミ
1,755mm 1,890mm f/2.8 1/6s ±0 ISO-100 AWB

まつぼっくり
1,937mm 2,086mm f/2.8 1/6s ±0 ISO-100 AWB

紅葉
1,456mm 1,568mm f/2.8 1/20s +0.7 ISO-100 AWB

ススキ
2,353mm 2,534mm f/2.8 1/160s ±0 ISO-100 AWB

コゲラ
1,456mm 1,568mm f/2.8 1/640s -0.3 ISO-100 AWB

撮影した感想ですが、とりあえずEVFは見やすいのでピントを合わすのも比較的楽だと思います。
AFは早く動作し、連写も秒間7枚(カタログ値)ですのでついつい無駄射ちしちゃいます。
ただ、AFのポイントが35点になったのはいいのですが、1つの点が大きいのでAFの信用性はかなり低いと感じました。マニュアルでの補正はデジスコでは当たり前ですが。
液晶モニターのタッチパネルは非常に使いやすく、AFポイントを指で示しその後撮影を行うことができるので、カーソルで移動するよりはスピーディーに撮影に移れます。
構図を撮っての撮影には最適な機能だと思います。
込み入った場所での撮影の場合でAFが迷った時など、Fn2のスイッチを切り替えるだけで、AFをMFに切り替えられるので非常に便利でした。
まだ全ての機能を覚えていませんし、使用にも慣れていないので瞬時に何かをするときには戸惑います。
しかしそれも慣れですので、いずれは問題なくなるでしょう。
撮影した画像は、色合いもよく程良い解像感で好印象でした。
一番驚いたのは、バッテリー寿命が長いことです。
1回の撮影で2本もあれば十分かもしれません。

次回に続く
[2013/12/02 16:29] | 未分類 | コメント(0) | page top
<<STYLUS1 テスト2回目 その2 | ホーム | デジタルズーム>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。